2021/3/03掲載

コロナ禍で感じた変化

コロナ禍で感じた変化
2020年は今までとは少し違った生活を強いられた1年でしたね。

そこで、ある調査での「2020年意外と良かったと思えたことは?」という回答を見て、私個人が興味を持った回答を感想と共にご紹介させていただきたいと思います!

1番多かった回答が「今まで以上に健康に気をつかうようになった」

私も思い起こせば春の外出自粛の際は、自宅に引きこもり運動不足を感じていたので、早朝、人の少ない時間にマスクをつけて毎朝ウォーキングに勤しんでいました。
また通勤には駅までバスを利用していましたが、行きは歩くようになり、頑張れそうな時は帰りも歩き、意識して体を動かしていたように思います。

今はウォーキングも通勤の徒歩も遠い昔のこととなってしまってのですが、、、。

ただ、それをきっかけに体を動かすことで汗を流す爽快感を改めて感じ、ストレスも解消!体の不調も改善され、ずっと運動を続けていきたい気持ちからスポーツクラブに入会しました!
今は週に数回通い、定期的に運動を取り入れるようになっています。

次に多かったのが「家族と過ごす時間が増えた」

いい意味でも悪い意味でも?家族と過ごす時間が増えましたよね。

よくメディアでも「コロナ離婚」などと取り上げられていましたが、共働きの夫婦が共にリモートワークになり家での家事の分担の問題や、子供を保育所に預かってもらえないため、子供の面倒を見ながらの在宅ワークでの問題など、、、。

私の知人(息子を持つ母)は、休校中に家に居る高校生の息子さんが、在宅勤務となったことで家事をしながら仕事をこなし、一日中忙しくしている母親の姿をみて何かを感じていたようで、、、。

後日、知人は息子さんから感謝の手紙をもらったそうです!なんともほっこりするお話しですね。

その次は「飲み会や人付き合いが減ってストレスが減った」

私においては全く逆で、飲み会や人と会っておしゃべりする事が好きなので、その機会がなくなり、ストレスが溜まってます!すごく!

その他

旅行や外食が減ってお金がたまった→うらやましい.、、、なぜか貯まらないです。

スキルアップに時間をつかえた→上手に時間を使えばよかったと後悔。

新しい趣味ができた→ひたすら韓国ドラマを見ていた日々。これも趣味?

ほかにも「すきま時間に副業にチャレンジした」「自分の生き方と向き合うようになった」「自宅に居ながら楽しむことを知った」など様々な回答がありました。

2021年もスタートから何かと制約される日々が続いていますが、少しでも笑顔が増えるように毎日が過ごせるといいですね。

 

                           参考資料/日本経済新聞
お役立ち情報
コロナ禍で感じた変化
コロナ禍で感じた変化
2020年は今までとは少し違った生活を強いられた1年でしたね。 そこで、ある調査での「2020年意外と良かったと思えたことは?」という回答を見て、私個人が興味を持った回答を感想と共にご紹介させていただきたいと思います!

介護ロボット
介護ロボット
介護ロボットと聞くと、介護作業もこなせる人型ロボットというイメージを持つ方もいるかもしれませんね。 実際のところは、どういったものが介護ロボットとみなされているのでしょうか。介護ロボットの定義や注目されている背景、現状についてみていきましょう。

「完全週休二日制」と「週休二日制」の違い
「完全週休二日制」と「週休二日制」の違い
求人を見ていると「完全週休二日制」と「週休二日制」という言葉をよく目にします。 この2つが同じ意味であると勘違いしている方も多くいると思いますので、 求人に応募する際は十分理解してから応募する必要があります。 ここでは、改めて2つの言葉の意味の違いについて理解しましょう。

介護支援専門員(ケアマネージャー)とは
介護支援専門員(ケアマネージャー)とは
介護サービス提供の計画書を作り、関係者の連携を図り、円滑にサービスを実現するケアマネージャー。 まさに介護保険サービスの要です。 今回は、ケアマネージャーに必要な資格・やりがい・給料・労働時間などをご紹介します。